酵素の種類と働きについて紹介

私達の体内では、主に3つの酵素が働いていると言われています。
消化酵素・代謝酵素・体外酵素です。

 

消化酵素の働き

消化酵素は、食べ物を体内で消化するためには必要不可欠です。食べ物を摂取すると消化・分解を行い、栄養素を吸収してエネルギーに分解します。消化酵素と一口に行っても、種類は様々です。消化酵素のアミラーゼは、又の名を炭水化物分解酵素といいます。名前からも分かる通り、炭水化物の主原料となるデンプンをブドウ糖に分解する酵素です。

 

私達は食べ物を咀嚼すると唾液が発生しますが、この唾液量はなんと1日あたり1〜1.5リットルと意外と多いのです。胃液にはペプシンという消化酵素がありますが、これはたんぱく質を分解する作用があることからたんぱく質分解酵素と呼ばれます。これは胃に食べ物がある状態で発生する酵素で、1日の分泌量は平均2リットル前後です。

 

膵液にも同様に消化酵素は色々含まれているのですが、最も多い消化酵素は脂肪分解酵素のリパーゼです。この酵素は、脂肪を分解する作用があります。膵液の消化酵素は、炭水化物、タンパク質、ビタミンなどの栄養素を消化する作用があるのです。これ以外にも色々な消化酵素があり、一つ一つが体を維持するために大切な働きをしています。

 

代謝酵素の働き

身体の代謝に密に関わる酵素が、代謝酵素です。新陳代謝・免疫力を向上させたり、血液を生産したり、心臓のポンプの役目をしたり生きていくために重要な役目を担っているのです。

 

新陳代謝が活発になると、細胞が生まれ変わり、年齢よりも若々しい体を維持することが出来たり、脂肪が燃焼しやすい体になる為太りにくい体質になったり、病気になりずらくなったり、健康には嬉しい効果が沢山あります。

 

食物酵素の働き

消化酵素と代謝酵素は体に関わる物ですが、食物酵素は食べ物から摂取することが出来る酵素になります。ですから、食べ物を摂取しないと体内に取り込むことが出来ません。

 

食物酵素の特徴は、熱に弱いということです。ですから、食物酵素の成分を壊すことなく摂取したいならば生で食べることをおすすめします。食物酵素を摂取することで、消化酵素の動きが活発になります。相互効果があるので、摂取することはとても大切です。