酵素液の作り方(市販品)

商品によって違いは生じますが、酵素ドリンクのベースとなる作り方はどれも同じです。酵素ドリンクの原材料は、果物や野菜、野草などを主原料にしています。これ以外に、海藻や穀物、キノコなど色々な食材を組み合わせて酵素ドリンクを作っています酵素ドリンクは、以上に紹介した原材料を長時間に詰めていき、エキスにしたものです。このエキスに乳酸菌や酵母菌などをいれ、菌類が増殖するための糖分を入れ発酵し熟成させて完成となります。

 

酵素ドリンクが出来上がるまでには、一年から三年と長期間の時間がかかるのです。メーカーによって自社メーカーの菌類を加えたり、発酵時の容器をオリジナルの物を使用したり工夫されています。また、材料をそのまま丸ごと使用したり、無水処理、砂糖を使わずカロリーオフなど、商品ごとに特徴は異なるので、選ぶときはよく吟味して購入すると良いでしょう。

 

熟成されたエキスは、厳しいチェック項目を通過して瓶詰され市場に流通し消費者の元に渡ります。インターネットなどで販売されている酵素ドリンクの多くは日本製のものが多いですが、意外と落とし穴が原材料です。

 

国内で作っているから全て日本製で安全と思いがちですが、原材料に外国産の物を使用している酵素ドリンクは意外と多いのです。外国産というと偏見を持つ方もいるかもしれませんが、きちんとした自社管理のもとで製造しているので心配する必要はありません。もし日本製やオーガニックの物など強いこだわりがある場合は、購入時に商品情報をきちんとチェックしましょう。

 

また、添加物も商品によってことなります。完全無添加な酵素ドリンクもありますので、気になる人は購入時に問い合わせてみると良いでしょう。

 

添加物は酵素ドリンクの本来の働きを分解してしまう働きが作動することもあるので、酵素ドリンクの効果をしっかりと感じたい人は無添加の酵素ドリンクがおすすめです。