酵素液の作り方

酵素ドリンクは健康に良いものとして最近話題となっています。これは、代謝を促進するというダイエット方法ですので、わかりやすい方法である上に、手軽に実践できる方法であるからです。

 

代謝は若い時には活発ですので、エネルギーも消費しやすいものですが、だんだん年齢が高くなると代謝の働きが鈍くなってしまいます。したがって、エネルギーも消費しづらく、運動や食事を改善してもダイエットの成功が難しくなってしまいます。ダイエットのためのさまざまな努力を実りあるものにするためには、代謝を良くして痩せやすい体を作ることも大事なことです。

 

そこで、代謝を活発に促進する方法として注目されているのが、酵素ドリンクなのです。酵素ドリンクは、ミキサーなどがあれば自分でも作ることができるような簡単なものですので、注目度も高いのです。

 

酵素は熱に対して弱いという性質をもっていますので、酵素ドリンクで利用する食材は基本的に生のままとなります。例えば、簡単にできる酵素ドリンクとして、リンゴと春菊を利用したドリンクがあります。レシピはとても簡単なもので、まずリンゴをミキサーで混ざりやすいように少し切って、種を除いてミキサーに入れます。次に水で洗った春菊も同じように混ざりやすいように少し切って、入れます。さらにレモンの皮と種を除いた部分も同じように切って、最後に混ぜ合わせるだけです。

 

酵素ドリンクダはとても簡単にできるのに、ビタミン類なども豊富に摂取することができるオススメのジュースです。

 

利用する食材を選ぶポイント

酵素ドリンクはこのように簡単な方法で作ることができますが、他の食材を利用してもかまいません。それぞれの好みもあるでしょうし、毎日同じものを飲むと飽きてしまうかもしれませんね。

 

選び方のポイントとしては、旬の野菜や果物を選ぶことです。旬の食材は、その季節が一番栄養が豊富になっていますので、効果が高くなることが期待できます。

 

もちろん、他の野菜や果物も合わせて利用しても良いですが、できるだけ旬の食材を多く利用するようにしたいものです。後は、食材を切ってミキサーで混ぜ合わせるだけです。ただし、食材はできるだけ細かく切った方が混ざりやすいですし、有効な成分も出てきやすいです。

 

もし、少し飲みにくいと感じるならば、砂糖などで味付けしても良いでしょう。

 

自分で手軽に作ることができる酵素ドリンクですが、商品として販売されているものもたくさんありますので、気になる人は試してみても良いでしょう。