酵素は不摂生な生活習慣によって減少する

年齢を重ねると共に体に変調をきたしたり、普段の生活習慣の乱れから体調不良になりやすくなる原因の一つとして、体内の酵素が不足していることが挙げられます。残念ながら、体内で酵素が作られるのは限られた分のみであり、加齢や生活習慣の変化などで減少していくものでもあります。

 

酵素は主に食物を摂取した後に、エネルギーに分解したり消化を促進する際に働く役目を持っています。しかし、脂肪分の多い現代の食生活で摂取するような食べ物に関しては、完全に消化するまで時間がかかるため膨大な酵素が使われます。摂取する食べ物には酵素はほとんどないので、体内には消化に必要な酵素が不足してしまう事態も起きてしまうのです。ファストフードや、肉や脂のこってりした料理中心の食生活に傾いてきつつある最近では、一昔前と比べると酵素不足に陥っている人の数ははるかに急増しているといえます。

 

よく、「肉だけでなく野菜も食べましょう」、と言われますがこれには消化を促進する酵素が摂取できるという点もあるからなのです。バランスの良い食事はもちろんですが、消化を促進する酵素を補うための心がけも大切になるのです。ちなみに食生活だけでなくビールやワインなどのアルコールも、摂取し過ぎると酵素を膨大に消費してしまいます。アルコール類も消化、分解するために酵素が大量に必要となるからです。アルコールの摂取にも、適度な量をとるように心がけることが大切です。

 

酵素不足にならないための生活習慣心がけ

不規則な生活で夜中を過ぎても起きている、睡眠が十分にとれていないという生活を送っている人も、酵素不足が起きていると考えられます。何故なら酵素が作り出されている唯一の時間帯というのが、しっかり休息をしながら眠っている睡眠中だからです。これは、お肌の細胞が生まれ変わるサイクルにも似ていますね。睡眠は体の調子を取り戻すための休息時間であると共に、再び細胞が作られたり、体内で酵素が生成されたりする人間の健康を維持するために最も大切な時間帯でもあるのです。

 

また、夜中遅くまで起きていると間食をしてしまいがちです。体内の消化酵素を無駄遣いするだけでなく、夜中の間食はスナック菓子やインスタントラーメンといった高カロリーのものになりがち。インスタント系の食品には添加物が多分に使用されていたり、味つけが濃い目のものが多いので消化しにくい食品でもあります。そうなると、また更に酵素を消費してしまうことになってしまうのです。

 

酵素の消費にはストレスとも大きな関係があります。現代社会の中でストレスフリーで生きられるというのはなかなか簡単ではありませんが、ストレスが溜まりすぎてしまうのも膨大な酵素を消費させてしまう要因にもなります。自分が好きな時間を作る、趣味を楽しむなどしてストレス発散を定期的に行うことも大切です。まめなストレス解消も大切です。普段の生活スタイルや睡眠時間、ストレスと上手につきあうなど、生活環境に関しても見直しながら、酵素を減少させないように心がけておきましょう。