酵素液を料理に使って摂る

酵素ドリンクは、健康のために手軽に飲むことができる点が魅力的です。そのような酵素ドリンクを飲むだけではなく、料理に使うことによって、食事も健康的にしたいと考える人もいるでしょう。

 

食事の面も健康的になれば、さらなる効果を期待できますので、有効な方法であると言えます。ただし、酵素ドリンクの性質をよく理解しておかなければ、せっかくの効果が得られないことになりますので、注意しましょう。

 

酵素は加熱しないように

酵素の性質として忘れないようにしたいことが、熱に弱いというものです。比較的低いと思うような50度〜70度ぐらいでも酵素の働きが得られなくなっていまいます。したがって、加熱には十分に注意しましょう。

 

食事への利用をする際には、調理過程で加熱処理しないような料理に活用すると良いです。逆に、加熱処理をする料理であれば効果は得られないので、やめておいた方がよいでしょう。

 

酵素ドリンクが有効な料理

酵素は熱に弱いため、生の料理への活用が有効です。例えば、サラダにかけるドレッシングなどは簡単にできる方法です。ドレッシングならば、調味料を混ぜ合わせるだけで良いので、加熱の必要がありません。

 

ドレッシングの一例としては、酵素ドリンクと酢としょう油とごま油をそれぞれ2対2対2対1の割合で混ぜ合わせるだけの簡単なものがあります。

 

人数に合わせて、分量は調整するようにすると良いでしょう。ポイントは、それぞれの調味料をしっかりすばやく混ぜ合わせるということです。誰でも簡単にできるものですので、オススメですよ。

 

また、生で食べるものに対してプラスするような方法もあります。例えば、ヨーグルトに酵素ドリンクをプラスするというような食べ方です。朝の忙しいときには簡単にできるので良いですね。

 

このようないろいろな方法で酵素ドリンクを料理に活用できるので、自分なりの方法を考えてみるのも良いでしょう。ただし、加熱処理をしないということにだけは気を付けましょう。