短期間ファスティングの方法について

ファスティングには、1日のみあるいは3日間の日数で行える方法があります。1日のみのファスティングは日数的にも、週末にピッタリのスケジュールです。このファスティング方法は、半日だけの方法とも異なります。その違いは、「全く食べ物を口にしない」ということです。唯一、口にすることができるのは水分補給のための水と酵素ドリンクだけです。

 

本格的なファスティングは、1日あるいは3日間のみですが、身体を慣らすために、「準備期間」と「復食期間」を設けます。まず準備期間中ですが、ファスティングを始める前の最後の食事(前日の夕食)は早めの時間に摂るようにし、食べる量も腹七分目程にしましょう。夕食の内容にも気を配り、脂肪分が多い肉類はできるだけ避けるようにし、豆類や野菜、海藻類などバランス良くすることが必要です。可能であれば、準備期間は、ファスティングよりも1日多くとるようにしてください。

 

そして、ファスティング当日(1日のみあるいは3日間)は酵素ドリンクが栄養の補給源となります。酵素ドリンクを飲むタイミングは、5〜6回に分けるようにすると満腹感を得やすくなります。また酵素ドリンクによっては、1日に飲む回数を制限してないものもありますので、ファスティングを始める前に確認するようにしましょう。また酵素ドリンク以外にも水分を補給する必要がありますので、1日で2リットルくらいは飲むように心掛けてください。

 

ファスティング翌日を復食日と呼びます。ファスティングによって胃腸が休んでいたので、復食日は胃腸に優しい食事を摂るようにしてください。消化しやすい味噌汁やおかゆ等がよいでしょう。また、身体がカロリーを吸収しやすくなっているので、カロリーコントロールに気を配ってください。復食期間は、ファスティングよりも1日多くとるようにしてください。

 

ファスティングは一度で終わらせるのではなく、定期的に行うと高い効果が求められると言われています。目安としては、1日のみだと1ヶ月に1度、3日間の場合は3ヶ月に1度です。